更新の励みになります!

 応援クリック ↓ 大感謝です♪

プロフィール

けちゃっぷ

スポンサードリンク

FC2 カウンター(UU)

最近の記事

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリー

孤独耐性(ぼっち耐性)を鍛え上げる

「旧在宅ワーク」からはあいかわらず仕事案内の連絡も無し
「新在宅ワーク」の研修は難しすぎて中断中・・・

でも、シャバ仕事を探す自信も勇気もないので
踏ん張れる内に新たな在宅ワークに応募しようと思う

その名も、「新在宅ワーク

とりあえず応募してみたら
履歴書と職務経歴書を送るように言われた

そして、ここもまずは採用試験のようなものがある
一次試験→研修→OJT→採用みたいな流れだ

どこかの段階で振り落される可能性も高いが
とにかく、ヤル気のある今のうちに頑張りたい

もう、たぶん、外に出ての社会復帰はかなり難しいだろう
というか、社会に出たら確実に精神を病んで
それこそ取り返しのつかない状況になりかねない

あと何十年生きられるのかわからないが
「孤独耐性(ぼっち耐性)」をMAXまで鍛え上げる

何とか、「絶望」という感情を回避しながら孤独に打ち勝って生き延びたい


にほんブログ村ランキング

FC2ブログランキング

気分の変動が激しい

ダメだ
この時期は本当に気分の変動が激しい

1日の内に落ち込んだり、やる気が出たりとコロコロ変わる

でも、基本的には「虚しい」って感情に支配されている状態で
何も手に付かずボーっと過ごしてしまうことが多い

ところで
履歴書と職務経歴書を作成したが
直近の5年以上が「在宅ワーク」と書いてある職務経歴書を見ると
こんなクソみたいな職歴の
40代の男を採用する企業なんてあるわけがないと感じ落ち込むばかり

たぶんもう取り返しのつかないところまで来てしまった気がする

もし頑張って奇跡的にシャバ仕事に就いたとしても
長く続けられる自信がまったくない・・・

でも、今年の春を逃したら
もう、人生に絶望するしかなくなるかもしれない


にほんブログ村ランキング

FC2ブログランキング

人に出会ったらどうすりゃいいかい?

あいかわらず朝方はクソ寒いが
晴れた日中はだいぶ暖かくなってきたので
今日も電チャリ走らせて街を徘徊してきた

今年は雪が少なかったので
珍しく道には雪がほとんど残っておらず
快適なサイクリング日和ということもあり
少し遠出をして大型ショッピングモールで時間を潰すことにした

平日なので人目を気にすることなく
マックでハンバーガーを頬張っていると、どうも視線が気になる

チラ見すると、高校時代の同級生だった・・・
営業かなんかで、外回りの昼休憩なのかもしれない

だが、話しかけたりはしてこない

たぶん気づいているが
学生時代からのオレの変貌ぶりにいまいち確信が持てず
同一人物なのか疑っている様子だ・・・

「・・・・・・」

オレは食べかけのハンバーガーをそっと紙で包みポケットに入れてスッと店を出る

ホント、生きづらい世の中になっちまったもんだ・・・


にほんブログ村ランキング

FC2ブログランキング

急激なモチベーションの低下

嗚呼、無気力
なにもヤル気が起きない

在宅ワークの案件も
まったく依頼が来なくなったし
毎日ゲームやテレビで無意味に時間を潰す生活だ

内容が無いんだから
ブログを書くモチベーションだって急低下している

今日は運動不足を解消するために
久しぶりに電チャリに乗って街を走り回ったけど
記事のネタになるような面白いことなんてなにも起きなかった

以前だったら、米粒程の出来事を
風船くらいに膨らませて書くことだってできたけど
もうなんか、そんなことする気力がまったくない・・・

とりあえず、明日からまた動き出すか

ヨッショアとかビシッとかも書く気にならん・・・


にほんブログ村ランキング

FC2ブログランキング

生きまくる

グムム・・・

なんかこのまま
今月は仕事の依頼がゼロで終わりそうな気がする・・・

たかが在宅ワークであろうが
仕事があると、忙しさのストレスをブログにぶつけることができるから
何とか毎日記事を更新できる

でも、こうも何もない引きこもりの日々だと
本当に書くことがないから困る

こういうときはニュースや映画の感想や批評を書きたいんだけど
オレにはそういった能力がまったくないから結果、ブログを休みがちになる

ところで以前の記事で、いとこが亡くなったことを書いたが
直後は落ち込みまくって、ときには取り乱していた、いとこの母親も
葬式が終わった頃にはだいぶ落ち着きを取り戻してきたらしい

人間はどんなに悲しい出来事があっても
乗り越えて、生きて生きて生きまくるようにできているんだ


にほんブログ村ランキング

FC2ブログランキング

FC2Ad

,