更新の励みになります!

応援クリック↓大感謝です♪

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ

プロフィール

けちゃっぷ

スポンサードリンク

最近のコメント

名言集

presented by 地球の名言

FC2 カウンター(UU)

禁パチカウンター@本気

一生禁パチ!

生涯禁パチ!!

最近の記事

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

タフになったのか? 麻痺したのか?

仕事内容にもだいぶ慣れてきて
週1休み位で全力で作業すれば月4万円程度稼げることがわかってから
ストレスがかなり軽減されたように感じる

でも実際は、借金問題やこれからの仕事の問題も山積みだから
言うなれば、「タフ」になったのかな、「麻痺」ともいうけど・・・

そして、ストレスが解消されると
救急車騒ぎを起こした胃の不調も少しづつ改善されてきたような気がするNE

【コメント返信】

税金、保険料、年金は払っているんですか?
---------------
住民税や年金は収入が少なすぎるので
もう長いこと免除(控除)ですね

国保は一番安い条件の支払いになってると思う
でも、40歳超えたら「介護保険料」が強制的に追加されてたので正直キツイですね

生命保険は安いやつに入ってるみたいだけど
それは親に払ってもらってます・・・

一応、家に「1万円」入れてるんだけど
実際は医療関係に使われているような状態です
あまり詳しくは書けませんが・・・


にほんブログ村ランキング

FC2ブログランキング

トイレの水が凍った

「ギィヤァア!クッソ寒い!!」

ということで、普段は築30年の「離れ」の小部屋で寝てるんだけど
ここ数日は母屋で寝ることにしてたんだ

でまあ、朝トイレで大きい方しようとしたら先客有りなわけ

じゃあ、離れのトイレでまったりするかと
寒さでガクブルになりながら出すものを出す

さあ、水流すか、ポチっとな・・・
マジかよ水道管凍ってるじゃねえか!ヽ(`Д´)ノ

仕方ない、母屋からバケツで水持ってきて流すかって、クサー!!

恐る恐る便器の中をチラ見・・・

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

「便器の水が氷の塊になっとるやないかっ!!」

小人がいたらスケートできるかもね♪って地獄絵図だろがい!

ワイ、便器のフタをそっ閉じ
・・・るわけにもいかず泣きながら処理をする

もうヤダこの極寒ライフ・・・


にほんブログ村ランキング

FC2ブログランキング

救急車呼ぼうか迷った(4、最終話)

診察室に入り、腹部の触診を受ける
痛いことは痛いが激痛というわけでもない

とにかく強烈な胃のもたれと
膨満感で苦しくて気を失いそうな旨を伝える

次にもしかしたら「心臓」に異常があるかもしれないと
緊急で心電図をはかったけど、心臓には何も異常はなかった

最後に血液検査の結果が出るまでベッドで横になる

ハァハァ、ハァ、ハ、ァ
スゥ、ハッ、スゥ、ハー、スー、ハー・・・!?

何か急激に回復してきてる!?Σ(゚д゚)

特にこれといった治療はしていないのに
まるで何かの発作が治まるように楽になってきた!

嬉しい!生きられる!!(本気で思った)

だが、救急車騒ぎを起こした手前、ちょっと罪悪感が・・・

結局、血液検査もいつも通りに血糖値と肝臓の値が高いぐらいだった

でも、念のために医者に、ガンの可能性はあるのか聞いてみると
当然断定はできないけど、症状からガンは考えにくいとのこと

とりあえず、胃痛に効く薬を出してもらって帰る

これ、書きながら思ったんだけど
「パニック障害」の発作とすごく似てるんじゃないかと個人的に思った

いや、胃の不調は確かなんだけど
「呼吸困難」とか「死ぬかもしれない恐怖」とかそっくりだもの

ハァハァ言い出した時に
ワイパックス飲めば治まったのかな・・・

PS:治療費と薬代は出世払いで親に払います・・・(完)


にほんブログ村ランキング

FC2ブログランキング

救急車呼ぼうか迷った(3)

あたりまえだが病院にはすぐに着いた
ただ、もう歩くことが困難になりつつあった
病院の入口から車イスで救急外来まで向かうことになる

私、「ハァハァ、もしかしたら吐くかもしれないのでバケツ下さい、ハァハァ・・・」

そして、ビニール袋が被せてある小さな容器を抱えながらソファーに横になる

血圧や体温、あと酸素?を測ってると
「トリアージ」がなんたらかんたらとボソボソ言ってるのが聞こえた
(今思うと、意識が朦朧としていたので違う言葉だったのかもしれない)

※トリアージとは、患者の重症度に基づいて、治療の優先度を決定して選別を行うこと。

チラッと待合室をみると、5,6人のマスクをした患者が座っていた
あとで聞いたら「インフルエンザ」で救急外来に来ているもよう

私、(もしかして、待たされるのかな・・・、ハァハァ・・・)

看、「けちゃっぷさん、すぐに診察室に入ってください」

インフルエンザの皆さんには申し訳ないが、優先度が上だったみたいで
病院に着いてからすぐに診てもらうことができた(続く)


にほんブログ村ランキング

FC2ブログランキング

救急車呼ぼうか迷った(2)

保険証と診察券を持って部屋着で車に乗り込む頃には
すでにまともに歩くのも困難なくらいににフラついていた

家から病院まで車で約10分、正直この10分すら持つのか分からない

家を出て5分後・・・

私、「ハァハァ、アアアア!もうダメかもしれない、ハァハァ・・・」

母、「ちょっと!大丈夫!?救急車呼ぶ!?」

もう、自分も母親もパニック状態に陥り
あと5分の場所に病院があるにもかかわらず
路肩に車を停めて、ケータイから119番に電話していた

母が電話で状況を説明するが、なにやら揉めている

救、「病院が5分先にあるなら直ぐに病院に向かって下さい!
その方が救急車を待つよりも早いですからっ!!」

まあ、冷静に考えればそりゃそうだな
でもパニック状態の2人には冷静な判断が出来てなかった

119番側からも救急患者が向う旨を病院に伝えてくれるとのことなので
すぐに病院に向かう

病院までオレの意識よ、もってくれ!(続く)


にほんブログ村ランキング

FC2ブログランキング

FC2Ad

,